窓ガラスが割れてしまったときの修理の方法

防犯機能を維持しつつも、便利な機能を持っているのが窓ガラスの優れた部分です。透明とあり、窓を閉めていても外の様子を見ることができます。雨の日や風の強い日であっても、外からの光を遮断せずに、室内に雨水、埃やウィルスを運び込む風を寄せ付けません。曇りガラスであれば、外部から室内を見られる心配がなく、明るい光を取り込むことが可能です。とても便利な窓ガラスではあるものの、壁に比べると脆く、物をぶつけたりして割ってしまうリスクがあります。割れてしまうとせっかくの機能が働かなくなってしまいますので、直ちに修理を行いたいところです。修理をする前に、やっておかなければならない作業などが存在します。この作業を行っておけば、被害を最小限に抑えられますので、今すぐ実践したいところです。

割れたときには慌てずに応急処置を行う

今すぐ修理を行いたいところですが、窓ガラスが割れてしまったなら、まずは応急処置をしておきます。割れたガラスは鋭利な刃物のような存在ですので、放置したままでは大変危険だからです。手作業で行いますから、傷付けないように軍手をはめましょう。足元もガラスの破片を踏んだり、落下してくる可能性があるため、スリッパや靴を履くなどして保護します。飛び散ったガラスがあると危険なため、ホウキやちりとりで破片を集めます。大きな破片なら、軍手をはめた手で慎重に回収します。その後に掃除機を入念にかけるようにします。掃除機でも取り切れないものは、粘着テープを使うと便利です。集めたガラスは新聞紙で何重にも包んで、ダンボールに入れておきます。ガラスが入っていることがわかるように、ダンボールに書いておけば万全です。

素人が修理を行うことによる問題点

続いてガラスが割れた窓の修理ですが、できるなら手をつけないことをおすすめします。作業中にガラスが突然落下し、手や足に大怪我を負う危険があるからです。修理知識がない素人が窓ガラスの補修を行ったり、交換をするのはあまりにもリスクが高いと言わざるを得ません。一応は交換用のガラスが販売されているものの、窓枠を外すなどの手間な作業が多いため、自信があっても避けるのが無難です。窓ガラスの修理は素直に近所の専門業者に依頼してください。その道のプロですので、手際よく修理から交換まで行ってくれます。ほぼ24時間365日対応する業者も多いですから、困ったときにはすぐに電話連絡して来てもらい、直してもらいましょう。支払いは現金の他、振込やクレジットカードに対応する業者も存在します。